自転車の防犯登録や盗難について

スポンサードリンク

防犯登録について

防犯登録は、法律で加入する義務が定められていますが、正直なところ防犯登録に加入しなくても罰則なく自転車を乗ることも可能です。

 

ですが、盗難防止の対策としてできるだけ自転車を購入したお店で防犯登録に加入するようにしましょう。

 

また、皆さんは、大切な自転車を放置される方はないと思いますが、防犯登録加入の義務は、迷惑駐車や放置自転車対策の目的としても加入義務が法律で定められているようです。

 

自分は絶対に放置自転車をしないと国側の政策に意思表示を示し防犯登録には加入しておきましょう。

 

もしも、防犯登録に加入しなかった場合、未加入で自転車に乗っている時に、警察から任意質問を受け長い時間質問攻めにあったりということがあります。

 

それが、防犯登録に加入していると、車体番号や防犯登録ステッカーを検索し本人の自転車かどうかすぐに調べてもらえ、問題ないと分かり任意質問から即座に開放してもらえます。

 

そのような煩わしい事もすぐに回避出来るので、自転車購入時に防犯登録に是非是非加入しておきましょう。

 

更に、防犯登録に加入するメリットとしては、もしも愛車が盗難被害にあったときに盗難された自転車が発見されやすいことです。

 

なぜ?発見されやすいかというと、自転車屋での防犯登録加入時に自転車の車体番号と防犯登録ステッカーに記載されているナンバーを防犯登録用紙に控え、その用紙を警察側に提出し自転車情報を管理してもらう事により盗難車を発見しやすくしています。

 

そのため、警察官は盗難自転車を少しでも減らそうと、任意で街中で質問を良くするのです。そのかいもありやはり盗難車両が発見できるそうです。

 

声をかけられて疑われるのが嫌であれば、必ず防犯登録には加入しておきましょう。

 

防犯登録は、自転車を購入した店舗以外でも加入は可能です。 たまたま、他県に遊びに来て入ったお店に気に入った自転車があり購入したって時も、他県で防犯登録に入ることは可能になります。 

 

また、転勤等の引越しを伴っても自転車屋さんで住所変更の手続きは可能になります。

 

最近では、自転車ブームにより自動車並みに、自転車本体に保険を付けている自転車屋もあり、商品が盗難された場合いに商品購入価格の80%が保障として返ってきたり(各業者によって金額や保険内容は異なります。)と防犯登録に加入されている方に限りお得な保険にも加入できたりします。 

 

そのような事も最大限に活用する為にも必ず防犯登録には登録したほうがいいでしょう。

 

スポンサードリンク